詳しい検索オプション
我々 は以上 100 お店を探して - あなたの最善のオファーをしてください待機…
- 送料 日本 (変更 宛先 GBR, USA, AUS, NZL, IND, CHN, PHL, KOR, TWN, DEU)
プリセットを作成します。

9784041101629 - すべての書籍すべてのオファーを比較します。

9784041101629 - 保阪 正康, 東郷 和彦: 日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) - 本
1
保阪 正康, 東郷 和彦:

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) (2012) (?)

ISBN: 9784041101629 (?) または 404110162X, 不明な言語, 239 ページ, 角川書店(角川グループパブリッシング), 使用

通常1~2営業日以内に発送
売主/古物から, 本・DVD・ネット買取の「買取王子清須店」
書は東郷茂徳の孫である1945年生まれの元外務官僚が3つの日本の領土問題に関して、当事国の主張の根拠と自身の主張、1939年生まれのノンフィクション作家との対談(2011年)をまとめ、2012年初頭に刊行した本である。本書によれば、第一に北方領土、竹島、尖閣諸島問題はそれぞれ異なる意義を日本外交において持っており、一括して論じるべきではない。北方領土は日本にとっては歴史問題であるが、戦後の条約上では二島返還論にも一定の根拠がある。竹島問題は韓国にとっては歴史問題であるが、条約上は日本の領土と見た方が適切であり、また歴史的背景に関する日韓双方の主張には問題が多い。尖閣問題は資源問題であるが、歴史問題に転化される危険性があり、また日本の実効支配に中国が挑戦している点も特異である。ただし、以上の3件共に、著者たちは日本の領土であると見ている。第二に、日本が現在置かれた厳しい国際環境を考えたとき、強気一点張りの、将来の展望のない領土神話を振り回すべきではない。現在の日本には軍事力も経済力もあてにできない以上、外交や民間の交流の在り方について真剣に考えるべきであり、そのためには領土要求を決して取り下げてはならないものの、衝突防止措置と共に、二島先行返還など可能なことを中心に、多様な選択肢を考えるべきである。第三に、以上を踏まえて、いかなる手段を通じて、いかなるタイミングで領土交渉を日本に有利に展開するかを考えるべきである。たとえば、中国の台頭という大局の中で、韓国やロシアが日本にとってのパートナーとなりうる国家であることをどう活用していくか。, 新書, ラベル: 角川書店(角川グループパブリッシング), 角川書店(角川グループパブリッシング), 製品グループ: Book, 公開: 2012-02-10, スタジオ: 角川書店(角川グループパブリッシング), 売り上げランキング: 93213
プラットフォーム注文番号 Amazon.co.jp: oAuLOes3Y%2F450fNmvDa57V08KnRO 8il4MgoiPaF8U42gRfwuRcEAOMKATG ycPjpWGvToVBVA76k7XRyR9VUZR%2F %2FMhqBjish7BqD7x8yqryRhlAu7ah kLaU2K4X9%2BoDjLqLmZVP%2Fc8A8H w%2FAplIFyHcjVoq%2Fr1fEQ
キーワード: 本, 社会・政治, 政治入門, By Publishers, KADOKAWA/角川書店, Stores, なか見!検索, 文学・評論, 人文・思想, ノンフィクション, 歴史・地理, ビジネス・経済, 投資・金融・会社経営, 科学・テクノロジー, 医学・薬学・看護学・歯科学, コンピュータ・IT, アート・建築・デザイン, 趣味・実用, スポーツ・アウトドア, 資格・検定, 暮らし・健康・子育て, 旅行ガイド, 語学・辞事典・年鑑, 教育・学参・受験, 絵本・児童書, タレント写真集, エンターテイメント, ゲーム攻略・ゲームブック, 雑誌, 楽譜・スコア・音楽書, ポスター, アダルト, ライトアダルト, カレンダー, Featured Categories
データ 2017年06月11日 01:41h
ISBN (代替表記): 4-04-110162-X, 978-4-04-110162-9
9784041101629 - 保阪 正康, 東郷 和彦: 日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) - 本
2
保阪 正康, 東郷 和彦:

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) (2012) (?)

ISBN: 9784041101629 (?) または 404110162X, 不明な言語, 239 ページ, 角川書店(角川グループパブリッシング), 新機能

¥ 823(義務なし)
通常1~2営業日以内に発送
売主/古物から, 軍事選書堂
書は東郷茂徳の孫である1945年生まれの元外務官僚が3つの日本の領土問題に関して、当事国の主張の根拠と自身の主張、1939年生まれのノンフィクション作家との対談(2011年)をまとめ、2012年初頭に刊行した本である。本書によれば、第一に北方領土、竹島、尖閣諸島問題はそれぞれ異なる意義を日本外交において持っており、一括して論じるべきではない。北方領土は日本にとっては歴史問題であるが、戦後の条約上では二島返還論にも一定の根拠がある。竹島問題は韓国にとっては歴史問題であるが、条約上は日本の領土と見た方が適切であり、また歴史的背景に関する日韓双方の主張には問題が多い。尖閣問題は資源問題であるが、歴史問題に転化される危険性があり、また日本の実効支配に中国が挑戦している点も特異である。ただし、以上の3件共に、著者たちは日本の領土であると見ている。第二に、日本が現在置かれた厳しい国際環境を考えたとき、強気一点張りの、将来の展望のない領土神話を振り回すべきではない。現在の日本には軍事力も経済力もあてにできない以上、外交や民間の交流の在り方について真剣に考えるべきであり、そのためには領土要求を決して取り下げてはならないものの、衝突防止措置と共に、二島先行返還など可能なことを中心に、多様な選択肢を考えるべきである。第三に、以上を踏まえて、いかなる手段を通じて、いかなるタイミングで領土交渉を日本に有利に展開するかを考えるべきである。たとえば、中国の台頭という大局の中で、韓国やロシアが日本にとってのパートナーとなりうる国家であることをどう活用していくか。, 新書, ラベル: 角川書店(角川グループパブリッシング), 角川書店(角川グループパブリッシング), 製品グループ: Book, 公開: 2012-02-10, スタジオ: 角川書店(角川グループパブリッシング), 売り上げランキング: 93213
プラットフォーム注文番号 Amazon.co.jp: oAuLOes3Y%2F450fNmvDa57V08KnRO 8il4qApNr1UzTQ5XFeRDhOgNAE1E6J wyNbYFeo2spQ35MENFenIm9DkaWUKr hfAtojp5e6ersaKjLe3nXhg9A4B5He rhqu0GpzLnvES7T0F9%2Fo6EneDdIJ ougg%3D%3D
キーワード: 本, 社会・政治, 政治入門, By Publishers, KADOKAWA/角川書店, Stores, なか見!検索, 文学・評論, 人文・思想, ノンフィクション, 歴史・地理, ビジネス・経済, 投資・金融・会社経営, 科学・テクノロジー, 医学・薬学・看護学・歯科学, コンピュータ・IT, アート・建築・デザイン, 趣味・実用, スポーツ・アウトドア, 資格・検定, 暮らし・健康・子育て, 旅行ガイド, 語学・辞事典・年鑑, 教育・学参・受験, 絵本・児童書, タレント写真集, エンターテイメント, ゲーム攻略・ゲームブック, 雑誌, 楽譜・スコア・音楽書, ポスター, アダルト, ライトアダルト, カレンダー, Featured Categories
データ 2017年06月11日 01:41h
ISBN (代替表記): 4-04-110162-X, 978-4-04-110162-9

9784041101629

ISBN 番号のすべての利用可能な書籍を検索します。 9784041101629 高速かつ簡単に価格を比較し、すぐに注文します。

利用可能な古書、古本とタイトルの 2 番目の手の書籍 "日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)" 差出人 保阪 正康, 東郷 和彦 完全に記載されています。

近隣の本

>> アーカイブへ